「これからの金融リテラシーの話をしよう。」勉強会レポート

「お金が大好き」な金融リテラシー勉強会の講師西川さん

「金融に関する知識が今なぜ必要なのか?」という問題提起から始まり、

  • 投資の基本的な考え方
  • 世に出回っている金融商品(株式、債券、投資信託、預金・貯金、保険、不動産)
  • 預金や国債とは

など、学校では教わることがなかなかできない金融の基礎知識=金融リテラシーを、某証券会社に勤める「お金のプロ」に、教えていただきました。

 

日本人は「死ぬとき」が一番お金持ち。

日本人の大半は、金融のことを学ぶ努力をあまりせず、身近な誰かに言われたままに従うだけ。「武士は食わねど高楊枝」というスタンスは、外からは一見「かっこいい」ように見えなくもないけど、実際は「金融について学ぼうとしてない」ことへの言い訳でしかない。そして、高度経済成長期やバブル経済のときは「何もしなくても」お金は増えた、そんな時代に金融リテラシーは不要だった。

けれど現在、金融庁の調査では「将来のお金」に不安を抱いている人の割合は90%もいるのだが、そのうち80%は「何も手を打たない」人たちである。結果として、お金について正しい知識をみにつけず、ただただ漠然と将来について不安を抱き、支出を拒み、死ぬ間際が一番のお金持ちになってしまう状況が生じる。

お金は死後の世界にもっていけない。であれば、正しいお金とのつきあい方=金融リテラシーを身に付けることが、(お金持ちになる、という意味ではなく)精神的にも経済的にも「豊かな」暮らしを営むために、必要なのである。

 

歴史と未来の仮説

帝政フランスやワイマール共和国など、膨大な借金を抱えた国で、返済しおえた国は歴史上ひとつも存在しない。かれらは借金をどうしたか?ハイパーインフレをおこし、借金自体の価値をなくすことで、問題をないことにしてきた。インフレになると、「物を持っている人」のバリューが高まり、お金「しか持っていない」人のバリューは低くなる。つまり、インフレがもし見えているなら、お金についてしっかり知識を身につけておくことが、望ましい。

 

金融リテラシーの基本的な考え方

重要なことは「パーセンテージに惑わされず、実際の金額を考える」スタンスである。

  • 50%OFF=1,000円のものが500円で買える
  • 20%OFF=100,000円のものを80,000円で買える。

このとき、パーセンテージに騙されない理性的な判断力をまず身につけることが、金融リテラシーを身につける第一歩(どっちが得か?後者である)。

やはりお金についてはみなさんとても熱心。

…と言った話にはじまり、他多くの金融についてのナレッジをスライドに詰めてくださいました。まとめ担当の私がリテラシー低すぎてうまくまとめられないので、ぜひともスライドをご一読ください。

 

 

講師からのオススメ

◆金融について知る

大前研一『マネー力』

『マネーハザード金言集』

◆保険について知る

岩瀬大輔『生命保険のカラクリ』

内藤眞弓『医療保険は入ってはいけない』

◆オススメブログ

若林栄四さん「ニューヨークからの便り


2011/11/07
於:カフェミヤマ渋谷東口駅前店
講師:西川 芳和さん(某大手証券会社勤務)

次回の勉強会開催情報は

Facebookページで発信してます。