「住宅業界を知る。」勉強会レポート

住宅業界勉強会講師の甘利さん

一度決めたらなかなかスイッチしづらい「住宅」。色んな方が一家言ある「買う?借りる?」に始まり、すまいの選び方、耐震について、など、住宅のプロに色々教えて頂きました。

 

購入と賃貸の違い

購入も賃貸も、生涯出費としてはじつは大差ない。とすると、選択するポイントは「自分が何を求めているか」による。
購入は、「満足度」「カスタマイズ性」において優位。
賃貸は、「ライフスタイルに柔軟」「メンテナンス不要」な点が優位

 

「投資」として考える

「戸建ての購入」という選択肢は微妙。日本の住宅は買った時点から価値が下がり(財務省が耐用年数を規定)、3~40年住むと修繕コストなどでTotal1,000万くらい必要。

資産という観点では「マンションの購入」のほうが優位

良い立地のマンションは転売可能なチャンスがある。また、資産価値としてもウワモノの建設物ではなく土地が評価される。都心ならなおさら。

 

住まいについて

家を建てる

「在来工法」が日本で最も主流。木材を使った建築で、風土的にもやはりマッチしている。「ツーバイフォー工法」は欧米から輸入された方法。ここ40年くらいの技術で耐震的にかなり頑丈、だがその一方、密閉度が高いため、カビが生えやすい等、日本の風土にマッチするかは微妙なところ。

工務店に頼もう

地元工務店方がハウスメーカーよりだいたい2割くらい安い。仮にお願いした工務店が潰れたとしても、「住宅完成保証制度(損失した差額を保証、継続して工事する会社をあっせん)」により救済策はある。

木造は良し悪し混在

火事の際に「家屋が崩れるまでの時間」が、実は一番長い(逃げ出す余裕がある)。そこだけ見ると木も良さそうだが、土壌汚染の影響で木も有害物質を出してたりしてます。

 

耐震

日本の住宅の耐震レベルは世界一。

1978年、宮城県沖地震後に抜本的見直しを実施
1981年、新耐震基準 ※これ以降の物件の方がより強固
1995年、阪神大震災を元に、耐震改修促進法が施行
2005年、姉歯事件 ←耐震偽装問題により規制強化

耐震工法の違い

耐震構造 地震が起きた時に建物の中にいられる(倒壊を防ぐ)
制振構造 高層部と下部の揺れをぶつけて相殺(高層マンション)
免震構造 基礎工事時に免震装置を入れる(コスト高)

住まいを考える

かっこいいものは体に悪い。

例えば、フォースター(F☆☆☆☆)=ホルムアルデヒドの放散を防いでいるかどうかの基準。これが優秀だと「ホルムアルデヒド」を出さない、という点で良いもの、のように感じるが、フォースター制度は、アセトアルデヒドは対象外。人体には、ホルムアルデヒドよりアセトアルデヒドのほうが、よっぽどタチが悪い

炭、危険。

炭は有害物質を吸い込むが、吸い込んだ物質を貯めこんでしまい5~6年で飽和状態になるため、長期間、洗わず天日干しもせずに置いとくと、じつは危険。

コンクリートは有害物質の塊

ネズミの実験のおはなし(木、鉄、コンクリにネズミを住まわせると、コンクリに住んだネズミが先に死ぬ。しかも圧倒的に早く)。

 

賃貸か購入か、真剣に耳を傾ける参加者

他、住宅にまつわる様々なTIPSをぎっしり詰め込んでいただいたスライド、ぜひご覧ください。


2012/03/02
於:株式会社アルコバレーノ様MTGスペース
講師:甘利 由照さん

次回の勉強会開催情報は

Facebookページで発信してます。