「スマートテレビってなんですか?」勉強会レポート

休暇をとって講師をやっていただいた、浜口斉周さん
  • スマートテレビってどういうもの?
  • どういう市場/プレーヤーが存在する?
  • 視聴者にとってのスマートテレビとは?
  • この先どういう方向にすすむ?

など、海外で話題となっている「スマートテレビ」について、NHKのなかの人に教えていただきました。

スマートテレビとは

「ネット接続ができて、アプリによる機能拡張ができる」テレビ。テレビ本体でも、セットトップボックス(STB)による拡張でも、それはどちらでも良い。

 

スマートテレビで実現できることは?

  • VOD(VideoOnDemand=見たいものをいつでも視聴)
  • コンテンツの検索
  • 端末連携(テレビ×スマフォorタブレット)
  • ソーシャルテレビ(テレビ×ソーシャルメディア)

これらはスマートテレビ独自の新技術とかではなく、全て既存の技術で実現できるものたち。

 

スマートテレビの盛り上がり

US、EU、中国ではだいぶ盛り上がっている分野ですが、日本は、エコポイントによるテレビ買い替え需要の終了、放送と通信の乖離、テレビ利権による抑制?など、さまざまな背景により、逆に盛り下がっている感じがあるようです。

 

テレビ視聴

一人あたりのテレビ視聴時間は増えないなかで、時間あたりの視聴価値を高めるために、スマートテレビがどういう役割を果たせるか、を考えぬくことが、ビジネスチャンスを生む。

 

ソーシャルテレビ

「twitterやFacebookと連携」は”ソーシャルテレビ”。スマートテレビはソーシャルテレビも取り込む包括的な概念。ソーシャルテレビは主に2つの観点で語られる。

  • ソーシャルビューイング(動的)⇒視聴率の代わりを狙うもの?
  • インタレストグラフ(静的)⇒新たな広告モデル?

 

多様なプレーヤー

プラットフォーマーはまだ定まっていない、戦国時代状態。

  • ハードウェア~各メーカーともに機能はだいたい横並び。
  • リモコン~リモコンをなくすか、便利なリモコン開発か。(前者は理想だがまだ現実的には難しい)
  • VOD~HuluやNetflix。成功の秘訣は「抱き合わせ定額」&「充実したラインナップ」。※ユーザの70%が”サイトからレコメンドされたもの”を見る傾向にある。

 

スマートテレビの重要なポイント

「視聴率」というザックリな数字ではなく、ユーザーの行動データを集めて分析することで価値が生まれる。プライバシーの問題さえクリアできれば、広告や行動解析などで新たなビジネスの展開が見込める。

 

広告の多様化

テレビ画面で番組を見ている時に、連携しているスマートフォンに広告が出る、等、あらたな接触ポイントが考えられる。現状の課題は、デバイス横断で全体を設計できる人がいないことである。

 

 

コクヨファニチャーさんの素敵なオフィス、その2

 

2012/06/15
於:コクヨファニチャー株式会社 霞が関ライブオフィス
講師:浜口 斉周さん

次回の勉強会開催情報は

Facebookページで発信してます。