「プレゼンテーションのつくりかた」勉強会レポート

初登壇いただいた東京情報大学の河野義広先生

プレゼンテーションを学ぼうとしてネットで検索すると、スティーブ・ジョブスやTEDトークといった「不特定多数の大勢に向けて」「身振り手振りを交えて」「かっこよく」プレゼンするためのメソッドを書き記した記事が多いです。

それらも大事な要素だとは思いますが、今回はまず「プレゼンテーション初心者」向けに、資料の作り方から基本スタンスといった「プレゼンテーション基礎講座」にあたる内容を、河野先生にお教えいただきました。

 

プレゼンテーションとは?

誰かに伝えたいメッセージを、できるだけ正確に伝え、相手に理解してもらう行為。多すぎると核が伝わらず、少なすぎると、相手が理解するための判断ができない。そのバランスをとることも重要。

 

エグゼクティブサマリ

伝えたいメッセージを1スライドにまとめた「サマリ」を作成することから始める。

 

プレゼンを作る3つのステップ

  1. シナリオ(ストーリーの構成)
  2. スライド(資料)
  3. スピーチ(話し方)

この順番にそってプレゼンテーションの準備を進める。

 

1.シナリオ作成のための3要素

  1. 結論、根拠、論拠を整理する。
  2. 結論から話をはじめ、結論を説明するために説明する。
  3. Index→Detailというツリー構造にまとめる。

ツリー構造

結論~事実から導き出される考え
根拠~結論を裏付けるデータ
論拠~結論と根拠を結びつけるロジック(常識、定理)

MECE(ミーシー)=漏れなくダブリなく。ロジカルシンキングの基礎。

  • 人間=男性&女性&子供⇒MECEではない(子供がダブっている)
  • 人間=日本人&アジア人⇒MECEではない(他にも人種はたくさん)
  • 人間=男性&女性⇒MECEになっている

MECE

※ダブリは説明コストを産み、漏れは誤った結論にたどり着くリスクを生じる。

 

2.スライド作成時のポイント

  1. 目線誘導を意識して、読み手に疲れさせない気配りをする。
  2. レイアウトをコロコロ変えない
  3. ダラダラと文章を書かない(ナンバリングを多様)
  4. タイトルを読み進めるだけでスライドが完結するような作り(本文部はあくまで補足)

 

3.スピーチ時の注意事項

  • 下を向かない
  • 聴衆を見る
  • ゆっくり明瞭に。普段より遅くする位でも大丈夫
  • 「あー」「いー」「うー」「えー」「おー」は極力控える

スピーチ上達のキモは「場数」。はじめての本番前には最低1回は必ず通してリハーサルを行うこと。

 

その場でプレゼンを作るワークに取り組む勉強会参加者さん
他、ディティールに渡り、プレゼンテーション基礎知識を惜しげもなく公開してもらいましたので、スライドをご覧ください。

 

2013/01/30
於:株式会社スポルツ様MTGスペース
講師:河野 義広さん

次回の勉強会開催情報は

Facebookページで発信してます。