「マーケティングとPRのキホンを学ぶ。」勉強会レポート

マーケティング講師の渡邉さん、PR講師の岡本さん

人によってまったく理解のしかたが異なる「マーケティング」。

たとえば「市場調査してる人」や「広告宣伝やってる人」と思われる一方、マーケティングをしっかり学んだ人に定義を聞いても、たとえば「営業を要らなくする方法論」、またたとえば「企業活動のすべて」等、人それぞれにマーケティングの定義は異なるようです。

一方、具体的にどういうことをやっているかが周囲に理解されづらいのが「広報=PR」という職種で、「ホームページ更新してる人」や「プレスリリースを書く人」だったり、「雑誌やテレビからの問い合わせ窓口」だったりと、さまざまな断片でその業務を認識されています。

これら2つの職種は、いずれも「企業」と「まだ見ぬユーザー」をつなぐ、重要なコミュニケーションの担い手です。

 

今回のナレッジコモンズは、彼らのミッションを正しく理解する機会を、

  • グローバル企業で実務を経験した後、地域活性化をミッションに起業した「マーケティング」講師の、渡邉さん
  • 広告代理店のNo.1営業から広報/IR部門の立ち上げ/運営を経て、フリーランスで広報支援/広報人材育成を行う「PR」講師の、岡本さん

の、2人の講師から頂きました。

真剣な眼差しの渡邉さん(左)、熱意溢れるプレゼン中の岡本さん(右)
真剣な眼差しの渡邉さん(左)
熱意溢れるプレゼン中の岡本さん(右)

 

1-1:マーケティングとは

顧客起点に製品やサービスを考える行為で、「企業活動すべて」を指します。

 

1-2:PRとは

PR=Public Relationsの略で、「(企業が)社会と”良好な関係”を築いていく」ことを指します。

 

1-3:マーケティングとPRとの関係

企業活動とは、コミュニケーション活動を通じて社会から信頼を得、そのことで企業やサービスの価値を高める行為です。

両者の関係は、企業活動全体としてマーケティングを設計し、マーケティングに基づきPRがコミュニケーションを設計する、というものです。

 

1-4:目線の違い

  • マーケティングは、市場から顧客を見る。
  • 広報は、視野を限定せず、タイミングに応じたステークスホルダーを見る。
  • 営業は、顧客から市場を見る。

営業とマーケティングは表現の上では相反していますが、決してそんなことはなく、マーケティング戦略に沿って営業が戦術的に動き、営業は最前線で得た顧客や市場の声をマーケティングにフィードバックし、それに基づきマーケティングは戦略を調整する、といった、相互補完関係にあります。

 

2-1:マーケティングのキホンはバリュープロポジションを定めることから始まる。

バリュープロポジションとは「企業またはサービスが【顧客に提供する価値】」であり、

  • 誰に
  • どんな利益を
  • なんでそのサービス(企業)が

提供するかを、しっかりと定めたものです。バリュープロポジションは一朝一夕で出来上がるものではなく、また、作成する過程でついつい独りよがりになってしまうケースが散見されるため、顧客目線で価値を見定める難しさがそこにあることがよくわかります。

 

2-2:コンセプトは5W1Hで考える。

コンセプトを考える、とは、具体的にはその製品やサービスが

  1. 誰の(who)
  2. いつのタイミングの(when)
  3. どういったシーンの(where)
  4. どういう目的を(why)
  5. どういったサービスで(what)
  6. どうやって(how)

解決するか(または満足してもらうか)を定めることであり、それは製品開発の出発点=上流工程で考えることが重要です。
STPや4P、SWOTなどのマーケティングフレームワークを取り出す前に、5W1Hでコンセプトをしっかり考えることが、「商品が売れない」という自体を生み出さない他第一歩です。

3-1:PR(広報)と広告の違い

メディアを買って、掲載規模や内容をコントロールすることで宣伝を行うのが「広告」。広報はその逆で、メディアが情報を掲載する主導権をもっています、そのため企業はコントロールできず宣伝もできない、でもそのかわり、受け取られた際の「情報の信頼度」は、広告よりもはるかに高いものです。

企業が社会に知ってもらいたいと思い、それをメディアが「社会にしらしめる価値がある」と認めた場合に、広報が成立し、「(企業が)社会と”良好な関係”を築く」ことができるのです。

 

3-2:PRの元ネタは切り口次第

PRはメディアを通じて社会に「知りたい」と思ってもらえるかがポイントであり、それは「情報の切り口」をどう作るかが重要になります。

切り口とは

  • 意外性
  • 一番、初めて
  • 社会性や地域性、トレンド

などであり、数字を交えたりしながら顧客目線のストーリーとして組み立ていくことで、情報のメディア掲載への道は開けるようになります。

 

 

他にも、

  • ソーシャルメディアを通じた企業と社会とのコミュニケーションのあり方
  • リリースを作成する際のHOWTO
  • メディアとの付き合い方やメディアからみたPRの価値
  • サポートやクレーム対処やサンキューレターといった「アフターマーケティング」

などなど、ここにはとてもまとめきれないボリュームのマーケティング・コミュニケーションに関する有益なTIPSを、参加者とのダイアログを重ねながら、講師お二方にたっぷり120分お話いただきました。

熱心に聴き入る参加者。いつもより撮影する人が多かったですね。

エントリー開始直後からたくさんの参加希望をいただき、キャンセル待ちがあまりに多く出たことから、開始前に2回目開催を約束いただきまして、この場を借りてお二人に御礼申し上げます。ありがとうございました!

※今回は資料非公開。それにしても、密度・ボリュームともにすごうございました。

2014/04/25
於:株式会社スポルツ MTGスペース
講師:渡邉 麻美子さん、岡本 沙耶佳さん
(記:小室)

次回の勉強会開催情報は

Facebookページで発信してます。