勉強会情報をかなり手軽にGETする5つの方法

勉強会情報を集める

人からよく「どこで勉強会情報を拾ってくるの?」と聴かれます。

私の場合

  1. 勉強会情報を受け取るチャネルをいくつか持っておいて
  2. 「このテーマはAさん興味あったな」「これはBさんかなー」という内容を見つけたらすぐ
  3. ブックマーク代わりに私の勉強会のFBページへ投下して、タイミングが合えばご本人にも情報共有する

という情報収集⇒運用をしていまして、したがって今回のエントリに関するファイナルアンサーは

1.ナレッジコモンズのFacebookページをイイねする or twitterアカウントをフォローする

なのですがそれではあまりに宣伝色が強すぎるのと、私も給料を頂いている身ですので日がな一日中ネタを探して投稿しているわけにもいきません。

 

ですので、「自分で勉強会の情報集めたい」という方に、私のネタの集め方を公開します。基本は「楽して情報を入手できる順」で、非エンジニアさん非デザイナーさん向けの、企画・営業・マーケター向けの勉強会情報が多いですが、その点ご承知おきいただければ以下ご参考になるかと~。

※エンジニアさん向けの勉強会情報はATNDとIT勉強会カレンダーでFAだと思っています。

 

2.twitterで勉強会情報を発信しているアカウントをフォロー

twitterでつぶやく、の、イメージ

一番手っ取り早く、しかも大量に入手できるのはやっぱりtwitterです。多い分玉石混交になるので見極めが大切ですけどね、そのあたりの嗅覚はおそらく経験値で磨かれます。

2-1.組織アカウント

2-2.個人アカウント

  • いつも楽しそうな企画をPOSTされてる米光一成さんはずーっと気になってます。
  • WORKSIGHT編集長の山下さん、建築やアート、オフィスに関する会に登壇されていらっしゃる関係からか、面白そうな会の情報をしばしば拝見してます。
  • ナレコモとしてリスペクトしているHOPE100の主催者、中島 明さんからは、プロボノ・地域コミュニティ系の勉強会情報をよく拝見します。
  • 小野寺さんからはKDDI∞ラボ関連のセミナーやイベント情報をよく拝見してます。

※他にもまだまだいらっしゃいますが、ここ2~3日で見かけた方をリストアップさせてもらってます。

2-3.BOT

  • (一方的に大変お世話になってる)勉強会BOTさん。
  • upmeetupさんはどうやら「Doorkeeper、Zusaar、ConnpassからAPIでの勉強会情報をひっぱってきてはつぶやくBOT」のようです。便利。
  • ATND非公式アカウント。言わずもがな。

 

3.iPhoneアプリ「カメリオ」さんで入手

カメリオの亀アイコンかわいい。

カメリオ~キーワード設定型のニュースアプリ。個人的にはSmartNewsよりも便利だなーと思ってて、NewsPicksと並んで愛用してます。このカメリオさん、キーワードによっては勉強会情報を拾ってくれるので重宝してます。たまにナレッジコモンズの開催情報もひっぱってきててびっくりしてます笑。
※勉強会情報を拾ってくれるのはよく考えたらtwitterのキーワード解析してる(?)からかもしれませんが、そのあたり検証できておらず上記はあくまで感覚値という点ご承知おきください。

 

4.主催者やポータル的なサイトを見にいく

  • 東京商工会議所~マーケッター・ビジネスパーソン向け。企業主催ですがテーマによってはすげー面白そうなの勉強会情報もチラホラ。
  • グローバルマーケティング研究会~マーケッター向け。月1回の頻度で毎回面白そうな勉強会やってるんですよね、でも毎回なにかが必ず重なっていけなくて、今のところご縁がどうやら無いらしいです。無念。
  • 日本ディレクション協会~Webディレクター向け。月1~2回の頻度で様々なレベルのディレクターに向けたセミナーを実施しています。

他、twitterの「組織アカウント」のサイト上にもの勉強会情報はありますが、tweetで情報はひろえるので割愛。

 

5.Facebookのグループを見にいく

業種や業界・職種に特化したグループの場合、結構な数の方がグループで勉強会の告知宣伝をしてらっしゃいます(私もその一人)。網羅しているわけではないのでなんとも言えませんが、例えば教育イベント共有コミュニティという公開グループがあり、そこでは教育関連の勉強会情報をたまにgetしたりしてます。

普段みていない登録済みグループの投稿を見にいくと、おもしろいネタがあるかもしれません。

 

…とまあざっとこんなところです。

総じて、業界のトップランナーさん達をtwitterやFBのフィードでフォローしていると、「いついつにどこどこでこんなこと話しまーす」と言っていらっしゃるので、それで情報は充分GETできるんですよね。

じゃあそのトップランナーさんたちをどう見つけるのか、等についてはそのうち。

 

ちなみに、「こういう勉強会に行きたい」という方はぜひ、その勉強会を「一緒に企画」しちゃいましょう、そしてそこで講師として話しちゃってください笑。

そのお手伝いはいくらでもしますので、お気軽にご連絡お待ち申し上げます。

勉強会の開催情報は…

Facebookページから発信しています。