ナレッジコモンズ2015総括。

ナレッジコモンズ

ナレッジコモンズもおかげさまで2011年のスタートから今日までに 46 回も実施できました。

これもひとえに講師と参加者さんと山口さんのおかげです、ありがとうございますありがとうございます、とつぶやきながら、2015年を振り返ります。

 

ナレコモ2015オーバービュー(定量情報)

2015年の勉強会実施一覧と参加者数です。当日ドタキャン&ドタ参を正確に記録しきれていないのですが、参考値として。

  • No.37 ヨヤクスリのツクリカタ 20名
  • No.38 スポーツ教育の現状を知り、オリンピックに向けたアイデアを考える 8名
  • No.39 そうだ、ホントのところを社労士に聞いてみよう 16名
  • No.40 アプリ/Webビジネス事業者が知っておくべき法律のキホン 22名
  • No.41 経費の本質を学ぶ。 14名
  • No.42 WEB・アプリ改善会議 Vol.1 33名
  • No.43 腸内細菌叢って何ですか? 13名
  • No.44 マイナンバー、経営者としての抑えどころ&データセキュリティ最新事情を学ぶ。 15名
  • No.45 ギリギリ間に合う!マイナンバーのイロハを抑え、年末に備える。 12名
  • No.46 “顧客に継続してもらう”秘訣を学ぶ。 13名
    ※過去の勉強会レポートはアーカイブからご覧ください。

ざっとまとめると次の通り。

  • 2015年開催数 10回
  • 延べ参加者数 154名
  • 1回あたりの平均参加者数 15名

1回15名、想定通りの規模で今年も実施できました。改めて、多くの方々にご参加いただけたことを感謝申し上げます。

 

おとなチャレンジ事案

「WEB/アプリ改善会議(42回)」はいくつか新しいチャレンジを含んだ回でした。

WEB・アプリ改善会議の様子

普段の15~20名縛りを大きくoverした集客でしたので、当日のオペレーションをガラリと変える必要がありました。やっぱり20名を超えると全然違いますね。一番クレームになりやすい開始前の誘導でクレームがでなかったのは、急きょ受付を引き受けてくださったTさんのおかげです。感謝!

あと、30名規模の参加者さんの満足度を高め、かつ、登壇者の話の魅力を存分に引き出す手法として、パネルディスカッション形式を実践してみました。

アンケートで「もっと時間配分をパネルディスカッションにあててほしかった」というものをいくつかいただいたことから推測しますと、結果として上出来だったのかなと。

パネルディスカッション風景

ただ、勢い余って1時間オーバーと、タイムマネジメントの欠如も目立ちました。

20名超の場合はまだ少ない経験のため残課題多数で、年1~2回くらいは開催してみて経験を積んでいく必要がありそうです。

 

集客失敗事案

「スポーツ教育(38回)」は、諸事情により非公開募集だったので、そもそも人数が少ないのはいかんともしがたかったのですが、それでも二ケタで開催したかったところです。講師のTさん、すみませんでした。。

スポーツ教育

あと「マイナンバー(45回)」は、2ヵ月連続で同一テーマだったからか、個人的には集客もう一声!という印象です。1回くらいあいだを空けた方がよかったのかな、、。

12187810_931643893574692_8212963275787887868_n

もちろん、どちらも勉強会としての密度はそうとう濃かったです。

ただ、人数が絞り込まれると、参加者さんのモチベーションも高まるのかな?経験則では「参加者密度がもっとも濃い人数」は15名±1名というイメージなのですが、意外ともう少し振れ幅が広いのかもしれません。±3名くらいなのかも。

 

ごめんなさいの回

「社労士に聞いてみよう(39回)」は、講師の高野さんのプレゼン内容の素晴らしさに反比例して、ナレコモ史上ワーストな運営状況でした。主宰兼ファシリテーターが諸事情により全体の70%くらい席を外してしまうという大失態。

タカノ社労士事務所、高野 和幸さん

講師の高野さんのプレゼンが本当に面白かったことと、常連さんのおかげでいつものごとく質問ラッシュだったため、勉強会として最低限の体を成したかと思われますが、講師の高野さんに事前にお約束した「話しやすい場」を私からまったくご提供できなかったことは今年一番の反省です。

高野さん、その節は本当に本当に申し訳ございませんでした。

ぜひリベンジの機会をいただけると幸いです。

 

これ面白かったのに事案

ナレコモの話はいつも「すくなくとも私の友人全員聴いて!あと興味ある人どしどし来て!」と思いながら集客してます。

ですが、私のタイトルネーミングや告知文でその魅力を伝えきれず、参加者さんの心をくすぐりきれなかった回がいくつかありますが、今年開催のなかでは

腸内細菌叢(43回)沢井さん.jpgと、

継続ドライバ(46回)株式会社スポルツ 脇本ディレクター

の2回がそれでしたね。この話聞けなかったみなさん「腸」もったいない!

「継続ドライバ」は、マーケッター的にはそうとうアツいテーマなのですが、告知時に少し絞りすぎたのか、20名超えを目指したのですが届かず。

「腸内細菌叢」は急きょ&日程の都合上月曜の開催だったためでしょうか、トレンド的には相当熱いテーマだったのでいけると思ったのですが。。

ともあれ、いずれも私の集客力不足を痛感した回でした。今後さらに精進を重ねます。

 

来年の抱負

1.”経営”テーマの回は2016年も多めに企画します。

2015年は 10回中 4回が経営に関連するテーマでした。

理由は2つで、1つは最近自分がよくご一緒する方々の経営者率が高く、ナレコモがその方々の応援になれば良いなあと考えているから。「この方のお話はあの人に聞いてもらいたいなあ」と思うと、講師依頼→勉強会開催までがスムースなんですよね。

そしてもう1つは、やっぱり自分の関心が経営に向いてきているから。「経営」は、どこかのタイミングで、なんらかの形で、携わる必要があるなと最近考えています。

ですので、来年も”経営”に関連した勉強会は随時開催していきます。

ちなみに1/20に経営者向け勉強会は実施が決定してます。詳細は後日ナレコモのFBページで。

※よく聞かれますが、経営に関心はあれど「起業」はいまのところ選択肢にはありません(将来の可能性を狭めたくないのであくまで”いまのところ”。ただたぶんないけど。)。

 

2.”Web”と”マーケティング”テーマの回はもっと増やしたいです。

今年は経営以外のテーマだと、Web関連・マーケティング関連の勉強会を企画する傾向が強く見えましたね。

ナレコモでWebに関するテーマ、マーケティングに関するテーマは、今後もっともっと取り上げていきたいと考えています。やっぱりWebって楽しいじゃないですか。マーケティングって奥深いじゃないですか。イチマーケッターの端くれとして、追いかけ続けたいテーマなのです。

 

3.基本は崩さず、でもいろいろな運営スタイルを試してみます。

先日、ネットスケット芥川さんが主宰する勉強会「ひとじく」に参加したのですが、久々に「ああこの方の運営スタイルすごいなあ」とうなりました。

私は「つなげる人」として当日運営をしているのですが、芥川さんは「最前列のさらに前で講師の話を聞く人」でした。ぐいぐい質問して講師からトークを引き出しまくるスタイルをみて、「あ、もっともっと主宰が前に出てきても、面白くなるんだ」と、気づきまして。

私自身の向き/不向きを考えながら、運営スタイルをチューニングしてみるのもアリだなあと感じたのです。

芥川さんありがとうございました。みなさん「ひとじく」おすすめですよ。

 

 

…というわけで

今年も講師のみなさん、参加者のみなさん、そしていつもお手伝いしてくださっている山口さん、ありがとうございました。

(山口さんにはもう感謝しきれないです。書き出した当初は「山口さんは弥勒菩薩(イメージ=半跏思惟像)みたいなお方である」と思い、ここまで書き連ねた時点で「きっとそうに違いない」と、その思いがしっくりしてきました。来年もお助けください。)

12191789_931643976908017_37810265706190225_n
それではみなさま、来年もナレッジコモンズでお会いしましょう。

良いお年をお迎えください。

次回の勉強会開催情報は

Facebookページで発信してます。