gtag.jsでタグマネ使わずにイベントトラッキングする際のaタグの書き方

gtag.jsでタグマネ使わずにイベントトラッキングする際のaタグの書き方

Googleタグマネージャー依存が激しい小室です。

久々にaタグにイベントトラッキングを直接記述したら、GA上で計測できなくてハマりました。以下備忘録。

 

ユニバーサルアナリティクスタグ時代のイベントトラッキングの書き方

<a href=”★URL★” onClick=”ga(‘send’,’event’,’★カテゴリ★’,’★アクション★’,’★ラベル★’,’★値★’,{‘nonInteraction’:1});”>★任意★</a>

※{‘nonInteraction’:1}があると動かない場合もあるので、動作確認は入念に。

gatgであることを失念してこっちで書いてました、そりゃ計測できませんわ旦那。

 

2017年9月くらいから?だったでしょうか、GAで出力されるタグが標準でgtag.jsになったので、以降、aタグにイベントトラッキングを直接記述する場合はこちら。

 

gtag時代のイベントトラッキングの書き方

<a href=”★URL★” onclick=”gtag(‘event’, ‘★アクション★’, {‘event_category’: ‘★カテゴリ★’, ‘event_label’: ‘★ラベル★’, ‘value’: ‘★値★’});”>★任意★</a>

そもそもGoogleタグマネージャー(GTM)を使っていれば、上記の書き方は知らなくても全然OK(というかGTMつかったほうが圧倒的に楽)なのですが、たまにあるんですよねGTMが使えない場合。プラットフォームが対応してないとか。

gtagの場合、予約語みたいに作られてるようですが、そのあたりきっちり把握してないです。まあそれでも大丈夫ですが。

 

それにしても、解析関連の設定時にだいたい出てくる kobit さんの記事は、gtag.jsの概念的な理解に効きます。そしてやっぱりカグアさんはより具体的。gtag.jsだと予約語的な考え方もあるのね、なるほど。

 

先達のおかげでいつも大変助かっております、ありがとうございます。

ではでは。

勉強会情報をCHECK!

ナレッジコモンズは月に1回、平日夜に勉強会を行っています。開催情報はFacebookページから発信しています。