関口 正洋

「アートが限界を超える。」勉強会レポート

サブタイトル:「越後妻有アートトリエンナーレ(大地の芸術祭)」に学ぶ、企業や個人のこれからのあり方とは? 日本有数の豪雪地帯として知られる新潟県と長野県の県境に、「越後妻有」はあります。200の集落が点在し、棚田の稲作で生計を立てる越後妻有は、かつて、過疎化と高齢化が進み社会生活が困難なレベルに陥る限界集落と言われた地域でしたが、この里山は「アート」を突破口に見出しました。 そしてさらに、「アート […]